Cambodia

「交通戦争」プノンペンで路線拡大



0303anna1

公共バス運営改善へ日本が援助

カンボジアの首都プノンペンで日本の援助による公共バスの運営改善プロジェクトが1月に始まった。経済発展とともにプノンペンの渋滞は悪化する一方で、交通事故の被害も増えている。公共交通の導入が事態改善の切り札とされているが、都市化のスピードになかなか追いつけない。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170302/mcb1703020500008-n1.htm

 


ページ先頭に戻る